FC2ブログ

POD K4 2.0ニーブレイス新発売!

POD MX
02 /23 2019
POD MX よりK4 2.0ニーブレイスが新発売となりました。
pod0317.jpg

前モデルのK4プレミアムニーブレイスから比べると、大きな革新的な変化は無いものの、
上位モデルK8ニーブレイスが⇒K8 2.0ニーブレイスに進化したのに合わせるように
各部しっかりブラッシュアップし、正常進化を遂げています。

≪K4 2.0とK4プレミアムの比較画像≫
pod0317-2.jpg
(左)K4 2.0ニーブレイス (右)K4プレミアム ニーブレイス
※K4プレミアムは同梱のパテラ(膝)ガードが付けていない状態です。


■ニーガードの進化
K42.0とK4プレミアムではパテラ(膝)ガードの形状が大きく変わりました。
K4プレミアムは、別付けのパテラ(膝)ガードを中央に隙間をカバーするように
上下に”インパクトパネルキット”というパーツがありましたが、
K4 2.0では、パテラ(膝)ガードをなくし、K4プレミアムでいう”インパクトパネルキット”を
上下共に伸ばし、重ねた状態で膝をガードした事で、よりシンプルな構造になっています。
※K4 2.0では上下の膝のガードをインパクトガードといいます。

上下のインパクトガードはテンションコードでつながり膝の曲げ伸ばしに
合わせて自然な動きを可能にしています。
pod0320.jpg
※このコードは"インパクトガード エラスチックコード ”という名称でリペアパーツ設定があります。


■パッドの進化
K4 2.0では、パッド類の素材が変わりました。

(左)K4 2.0ニーブレイス (右)K4プレミアム ニーブレイス クリックして拡大できます。
pod0330.jpgpod0331.jpg

pod0327.jpgpod0326.jpg

フレーム部や膝ガードのライナーは今までもよりもクッション性を増しています。
更にお手入れもしやすそうな素材で、防菌効果効果を備えてるとの事で、
汚れや悪臭対策にも効果を期待できます。
 
 
■リガメントKITの進化
定評のあるPODニーブレイスのセールスポイントであると同時にウィークポイントともいわれる
ヒンジハウジング(人工腱)も”鉄の5倍の強度を誇る『ベクトラン繊維』を心材に柔軟なTPUで
覆ったリガメント”リガメントKIT2.0へモデルチェンジし、強度が増しています。
(リガメントKIT2.0はK700/300/K8/K4といった従来のニーブレイスにも使用いただけます。
pod0351_2019022318091329d.jpg

またK4 2.0 では、従来モデルでパテラガード取り付けに利用していた凹に
ニーグリッパーというパーツを取り付けニーブレイス装着時の膝位置の安定感を増しています。
pod0350_20190223180912bfc.jpg


■ストラップシステムの進化
ストラップそのものは、K4プレミアムと共通となりますが、片足4本あるうちの一番上と一番下
に、クイックロック機能を採用。
pod0322.jpg

ストラップ自体は従来同様左右からベルクロで長さ調整できますので、一度長さを
あわせてしまえば、あとはクイックロック機能を使ってスムーズに着脱が可能になります。

特に一番下などは、ブーツに入る部分ですので、メーカーもあまり出っ張りを出さない分、
ストラップが入れずらいという声が多いだけにこれは嬉しい改良ですね。

またK4ニーブレイスでは、ストラップベースが分離だったのに対し、
K4 2.0では、ライナーから直接伸びてよりストラップの締め心地を快適にしています。
pod0352.jpgpod0353.jpg



以上大まかな変更点をご案内致しましたが、如何でしょうか?

残念ながら重量に関しては今回は軽量化とはならず、当店計測の結果
K4プレミアム(XS/Sサイズ 片足): 630g
K4 2.0(XS/Sサイズ 片足): 660g となりました。
恐らく、パテラガードの大幅なガード面積のアップや
ライナーの充実化によるものかと思いますが、それ以外に関しては、
概ね嬉しいモデルチェンジとなっていると思います。

当店ではXS/Sサイズ、M/Lサイズ、XL/XXLサイズの全サイズ定番在庫中です。
お近くの方は、是非ご来店頂きその性能をお試し下さいね。

通販のご利用はこちらからご利用下さい。


★☆★☆★
旧モデルとなってしまいましたが、K4プレミアムニーブレイスも充分な性能をもった
とても良いニーブレイスです。こちらは当店在庫分をセール中ですので、お買い得な
この機会に併せてご検討下さい。⇒こちらから