FC2ブログ

SHOEI VFX-WR 内装のお話

SHOEI
07 /07 2018
SHOEIの新型ヘルメット”VFX-WR"が新発売し、予想外の大反響を
いただいておりますが、昨日内装が入荷してきました。
(・・・といってもまだチークパッドだけです)


今回はフルモデルチェンジですので、当たり前ですが内装も
バイザーもノーズカバーもすべて新パーツに代わっています。
VFX-Wと同一なのはバイザービスくらいでしょうか・・・・。

↓↓パーツリストは、メーカーさんの下記ぺージでご覧いただけます。↓↓
https://www.shoei.com/products/helmet/offroad/vfx-wr/parts.html






それはさておき、今回入荷してきた内装について1点ご案内させて頂きます。


他メーカーのヘルメットと比べた時のSHOEIのアドバンテージの1つに
オプション内装による”サイズ調整幅の広さ”がありました。
これはサイズ展開に対しての帽体数も関係しているのですが、


SHOEI VFX-Wは、各サイズ向けにシステム内装・チークパッド共に
標準、薄い(ゆるい)もの、厚い(きつい)ものと3サイズパーツ設定
されていて購入後に頬・天井 それぞれゆるくもきつくも調整できます。(XS,XXLは除く)
※他メーカーの場合、【標準のリペアのみ】もしくはそれプラス【キツクかユルクのどちらか】といった場合が多いです。

表に表すと↓のような感じになります。
vfx-w_内装
 

 
そして今回のVFX-WRになった内装早見表が↓となります。
vfx-wr_内装

残念ながらXSサイズがサイズ展開からなくなりましたが、その変わりに
XSサイズの方向けに?新たに”Sサイズのキツメ”をさらにきつくする
『システム内装:S17、チークパッド:43』が新たに設定されました。

チークパッドはサイズに関わらず共通パーツですので、
今回のチークパッド43mmの新設定により、
チームパッドのサイズ調整幅がまた1つ広がりました。

これはXSサイズがなくなってしまった副産物でもありますが、
どんどん自分にあう理想のヘルメットサイズへ近づける事が可能なVFX-WR!
恐るべしですね。